薄毛隠しにおすすめのアイテム&ヘアスタイル大公開

育毛対策・薄毛対策

女性の薄毛隠しにオススメのアイテム&ヘアスタイル

更新日:

普段から身だしなみを気にしている女性にとって、薄毛はとても気になるものです。

薄くなっているのをすぐに改善させる事は難しいですが、ちょっとしたやり方やコツで隠せる方法は沢山あります。

今回はそんな女性の気になる薄毛隠しの方法を詳しく検証していきたいと思います。

この記事を書いたのは?

家族が薄毛に悩む
アラサーライター

今回の記事を書いたのは家族が薄毛に悩むアラサーライターです。

男性にとっても薄毛は重大な悩みの種ですが、普段からオシャレをしている女性にとっても、大きな悩みに種になっていると思います。特に女性は年を重ねても綺麗でありたいと思う気持ちが強いです。

薄毛になる事で「どうせ自分なんてオシャレをしてもムダだ」とネガティブになってしまう前に、薄毛に悩んでいる女性の気持ちを少しでも軽く出来るように、上手な薄毛隠しの方法をご紹介していきたいと思います。

薄毛になりやすい部分はどこ?

薄毛と聞くと男性を思い浮かべますが、女性も薄毛で悩んでる人は沢山います。

女性は男性のようにある部分の薄毛が進行してくるというより「びまん性脱毛症」と言って、全体的に薄くなりながら進行していく傾向があります。

そんな中でも女性が薄毛になりやすい部分は3つあり、

  • 髪の分け目
  • 頭頂部であるつむじ
  • 生え際のおでこ

などがあるのです。

そんな、薄毛でお悩みの女性の方は、普段行きつけの美容院で、薄毛に悩んでいる事を話してみるのもオススメです。

美容院に相談してみる

美容院は髪やヘアスタイルのプロなので、薄毛の隠し方で悩んでいる人も今まで沢山対応しています。頭頂部が少ない人や、全体的に毛髪が少ない人にはどんなヘアスタイルが似合うかを知っています。

自分で薄毛に悩んでいる事を話すのは少し恥ずかしいかも知れませんが、行きつけの美容院ならば知ってる顔という事もありますし、普段から触っている髪なので癖なども分かってくれている事も多いです。

自分で悩んでも解決しない場合は、美容院の方に相談してみてもいいでしょう。

また、美容院で相談するほどでもないと言う方は、男性と違い女性の場合は、薄毛をを隠す方法として各種アイテム使用したり、薄毛が目立たないヘアスタイルするなど選択肢も多いので、そちらを試してみても良いかもしれません。

女性にオススメの薄毛隠しのアイテムとは

薄毛が目立ってくると、オシャレも何も楽しくなくなってくるような気持ちになってしまう気がしますが、薄毛になっても上手に隠せるアイテムは沢山あります。

ここでは薄毛で悩んでいる女性の味方になってくれるアイテムをご紹介していくので、自分に合ったものを見つけて使ってみましょう。

筆者おすすめ!薄毛隠しアイテム7選

  1. ヘアウィッグで隠す
  2. 帽子を被る
  3. 増毛スプレーを使う
  4. 頭皮用のファンデーションを使う
  5. 増毛エクステを付けてみる
  6. 太めのターバンを使用する
  7. カーラーを使ってみる

① ヘアウィッグで隠す

ウィッグと聞くとカツラみたいで抵抗感がある方もいますが、今やウィッグは立派なオシャレアイテムです。

ウィッグに抵抗がある方の理由の一つとして、周囲にバレやすいということがあると思います。

ですが今の時代は技術が向上しており、自然に見えるウィッグがたくさんあります。

部分的に隠してみたり全体的に隠してみたりと、用途に合わせながら使いこなすことができます。

ウィッグは3種類ある

ウィッグの種類は3種類あります。

部分的に使えるのは「ヘアピース」と言って手のひらサイズのもので、薄くなってきた頭頂部などに乗せて使うことができます。

すっぽりと全ての髪の毛を隠したい場合は「フルウィッグ」がおすすめです 。

フルウィッグはサイズ調整ベルトがついている物も多く、個人の頭のサイズに合わせて調節できるようになっています。

ここがポイント!

今はしっかりとセットされているフルウィッグもあるので、被るだけでショートヘヤやロング、パーマなどの様々なヘアスタイルを楽しみながら薄毛隠しをする事も可能です。

また耳の上らへんから前髪までカバー出来る「ハーフウィッグ」もあるので、薄毛の度合いに合わせてウィッグを使うことで上手に隠すことができるのです。

ウィッグの価格は人毛や人工毛かによっても変わってきます

人毛は文字の通り人の毛髪から作られた物なので、触り心地が人工毛とは全然違いとてもリアルで見た目もナチュラルさがある分、お値段も一万を超える物も多いです。

その反面、人工毛は人の髪に寄せて作られてはいますが、あくまの作られた物なのでお人形の髪の毛の様な感じがします。

ですが人毛よりもずっと安く手に入れる事が出来ます。

また部分的に使用するヘアピースか全部の髪を隠すフルウィッグかによっても価格は変わってきます。

ここがポイント!

使う人がどの部分に使うかや、どの程度の品質を求めるかによってウィッグの価格は変わってくるので、自分に合ったものを購入してみるといいですね。

② 帽子を被る

薄毛を隠すアイテムとして帽子もおすすめです。帽子の良い所といえば何より安く手軽に手に入ることです。

またウィッグよりも着脱が簡単です。 帽子を被っている人はおしゃれに見えるので不自然さを感じさせません。

帽子を被りすぎるとムレてしまい、余計に薄毛になるとも言われていますが、短時間のお出かけなどには欠かせないアイテムになっています。

今は帽子の種類もとても豊富で、素材も色々なものが使われています。

ムレにくいタイプのものや、通気性が良い帽子もたくさんあります。

また夏などは頭皮に直接紫外線や日光が当たるよりも帽子をかぶった方が、頭皮を守る事が出来るとも言われています。

帽子には季節やその年で流行りのものも沢山でます。薄毛にあう物をアレコレ考えて失敗するリスクが帽子にはほとんどありません。また何かと平行して使えるのも帽子のメリットです。

いつも被らなくても時間がない時にサッとかぶれるように、ひとつ持っておくと安心して外出が出来るという訳です。

③ 増毛スプレーを使う

増毛スプレーは、レーヨンや炭等の特殊繊維をパウダー状ににしたものをスプレーにして、自毛にふりかけて使用する製品です。

製品の中には水を弾く特殊繊維の増毛パウダーもあります。他にも繊維の太さや長さを均一にしない事で、ナチュラルに見える製品などもあるようです。

ただ水に強いタイプがある一方で、弱い製品があるのも確かです。雨に振られてタオルで頭部を拭いた時にスプレーが取れてしまい、タオルが染まってしまう事もあったりします。

また隠したいと思う一心から大量にスプレーを頭皮に使用したり、慣れていない時に沢山使うと頭にペンキを塗りつけた様にベットリとした印象になってしまう事もあるのです。

ここがポイント!

なので使用する時は何度か自分で試しながら鏡で確認してみたり、製品の特性やお天気などに十分気をつけた状態で使うと便利に使いこなす事が出来ますね。

④ 頭皮用のファンデーションを使う

ファンデーションと聞くと顔に使う物をイメージしますが、白髪や薄毛隠しに使える頭皮用のファンデもあります。

形は顔に使うファンデーションと同じ様な容器に入っているので、一見頭皮用とは分からず普段の化粧ポーチと一緒に入れておいても不自然さは全くありません。

お出かけ中でもサッと使う事が出来るので、気分的にも安心できお値段も数千円程度で購入できるので、お財布にも優しいです。

⑤ 増毛エクステを付けてみる

増毛エクステは、美容院で装着してもらえる方法で2種類の方法でエクステをつける事が出来ます。

まず一つ目は、人の髪を利用して作られた人毛をつかったエクステで、触った感触も本物の髪を使用しているので違和感を感じませんが、少々値段が高くつきます。

二つ目の人工毛を使ったエクステは、感触としてはちょっとごわつき感と、作られた感じがしますが、人毛よりも安く手軽に出来るメリットがあります。

装着は地毛と一緒に編み込んでいくので、見た目がナチュラルで薄毛隠しとオシャレが同時に手にはいります。

ただし、月一万円程度のメンテナンス料金がかかります

もしメンテナンスをしなければ自毛が浮いてきてしまい不自然に見えてしまうので注意が必要です。

タイミングは地毛が伸びてきたころで、見た目もごわついてくるので分かると思います。

⑥ 太めのターバンを使用する

帽子のように被りアイテムとして薄毛隠しに重宝するのが、太めのターバンです。

ターバンは前髪や頭頂部を隠すのに最適ですが、帽子との違いは室内でも外さなくてもいい点です。

帽子は室内であっても特定の場所では脱がなければなりませんが、ターバンはヘアアクセサリーの一部なので、帽子のように外さなくても良いのが嬉しい利点です。

ターバンといっても色々な色や柄、形があるので色々なファッションに合わせる事が出来ます。自分のコーディネートで色々と変化を楽しんだりしながら薄毛隠しが出来ます。

もしいつもターバンをするのは恥ずかしいという人は、帽子と交互に使ってみるのもオススメです。

⑦ カーラーを使ってみる

夜寝る前に、カーラーを使ってみる事で翌朝、ふんわりとしたボリュームを作って薄毛を隠す事が出来ます。

カーラーの大きさは大・中・小とあるので髪の長さに合わせて使い分けてみたりすると良いですね。

またカーラーの中にはホットカーラーもあるので、用途に合わせて使ってみるといいですね。

次に薄毛をうまく隠すためのブローのコツをご紹介したいと思います。

薄毛隠しのブロー

女性を見たとき、部分的に薄くなっているのが分かる事があります。

そんな薄毛女性も普段のブローの仕方をちょっと変えるだけでふんわりとした髪質を作る事で自然に薄毛を隠す事ができます。

薄毛を隠すブローの方法

STEP1

やり方は、まず霧吹きで隠したい薄毛の部分の根元をたっぷりと濡らします。

POINT
この時に薄毛がつむじの部分の場合は、その付近の髪をまとめて起こすような感じをイメージします。

STEP2

髪を濡らしたら、ドライヤーで左右に動かし倒しながら乾かしていきます。

POINT
ドライヤーの熱で頭皮を熱くしすぎないように、少し離しながらあてるといいです。

STEP3

髪が乾いてくると手ぐしで整えます

POINT
すると自然にボリュームができ、変に分かれていた髪が自然にふんわりとしてきます。

薄毛を隠せるヘアスタイル

アイテムを使わなくても、ヘアスタイルを工夫する事でも薄毛を隠す事は出来ます。ここでは薄毛を隠せるヘアスタイルをご紹介していきます。

薄毛を隠せるおすすめヘアスタイル

  1. ポニーテール
  2. ショートヘア
  3. パーマをかける
  4. トップを軽くする
  5. 前髪を編みこみする
  6. 後ろ髪で前髪をつくってみる
  7. ミディアムヘア

薄毛を隠せるおすすめヘアスタイル

① ポニーテール

ポニーテールヘアは頭頂部の薄毛を隠すのにオススメのヘアスタイルです。

全体の髪の毛を集める事で、自然に薄毛を隠す事が出来ます。

もしポニーテールに抵抗がある人は、同じように髪を集めてお団子ヘアにしてみたり、ヘアアクセサリーでまとめてもオシャレにみえるので試してみてくださいね。

髪をひとまとめにするヘアスタイルは幅広い年齢の方に使えるのでオススメです。

② ショートヘア

ショートヘアは薄毛隠しにも適していると言われているヘアスタイルです。

ショートヘアは髪が短く軽いので、ふんわりとしたセットがしやすい傾向があります。髪が長い人はどうしても髪の長さの分重さがかかってきてしまい、トップがペシャンコになってしまいがち。

ここがポイント!

その点ショートヘアは軽いので髪の毛が扱いやすく薄毛が隠れるようにセットしやすいという訳です。

③ パーマをかける

パーマは見た目通り髪にボリュームを持たせる事が簡単に出来ます

ぺしゃんこだったストレートヘアの方は、見た目がぐっと変わってくるので薄毛も隠しやすくなるのです。

またパーマをするだけなので、周りからみてもイメチェンしたかな?という程度で済ます事ができます。またパーマをかけるとき「普段のセットが簡単に出来るようにして欲しい」と一言添えてみる事をオススメします。

美容院でブローをしてもらった当日は、プロの方がセットをしてくれているので美しいヘアスタイルが手に入りますが、一晩明けてみると髪が爆発して収拾がつかない、なんて事はよくある事です。

ここがポイント!

なので自分でスタイリングが簡単に出来るパーマを要望してみたり、自分でも出来るスタイリングの技を教えてもらうと良いですね。

④ トップを軽くする

トップをふんわりと軽くする事で、髪に動きを持たせられるのでナチュラルに薄毛隠しが出来ます。

またトップを軽くする方法は、ご年配の髪の短い方にもオススメです。軽くする方法はスタイリング剤を使ってみたり、ドライヤーやホットカーラーで形を作ってみたりする事で軽く仕上げる事が出来ます。

ここがポイント!

ただスタイリング剤はあまりつけすぎると、かえって重くなってしまう事もあるので、つける時は少量にしておきましょう。

⑤ 前髪を編みこみする

ロングヘアの女性で、前髪が薄く隠したいと思っている人の中でもオシャレに見えるのが「前髪のななめ編みこみ」のヘアスタイルです。

前髪が薄くてもあえてオシャレにおでこを出す事で、薄毛隠しが自然に出来ます。

ななめ編みこみをするとき、ちょっと髪が足りないと思う時は後ろ髪からひっぱって編みこみをしてみても良いと思います。

⑥ 後ろ髪で前髪をつくってみる

前髪が薄くて悩んでいる人でも出来る「後ろ髪を前髪にする」方法があります。

前髪が最近薄くなってきたと悩んできたら、後ろ髪を前の方に持ってきて前髪をつくってみましょう。

やり方は、お風呂からあがった後のドライヤーで後ろ髪を前髪にもってきながら癖をつけてあげると前髪になります。

ただ、前髪が沢山欲しいからとガッツリ後ろ髪を持ってきてしまうと不自然に見えてしまうので、目安は前髪から後ろ数センチ程度と覚えておくと良いですね。

⑦ ミディアムヘア

ミディアムヘアの方は、髪に動きをもたせてふんわりとしたヘアスタイルを作る事で薄毛をカバー出来ます。

前髪とトップの髪をドライヤーで根元からあて、その後、顔の横にある髪を外巻きにコテで巻いていく事で、大人のミディアムヘアが出来ます。

ここがポイント!

まるで女優さんのようにふんわりと動きのあるヘアが出来たら、スタイリング剤や極少量のワックスで動きをキープしてみてくださいね。

薄毛が目立ってしまいがちなヘアスタイル

若いうちから薄毛に悩んでしまう人もいますが、多くは40代頃から徐々に薄毛が気になってくるものです。

女性は、薄毛に悩み始めた時には髪の毛が細くなり、ハリやコシがなく、全体的に薄くなっている事も多いです。

ではそんな時にやりがちなヘアスタイルとはどの様なものなのでしょうか?

分け目をキッチリ分けすぎている

几帳面な人は、髪の毛の分け目もキッチリと櫛で分ける人がいますが、実は分け目をキッチリ分けすぎると、薄毛が目立ってしまう傾向があるのです。

ヘアスタイルがショートヘアの方より、ロングやミディアムヘアの方の方が分け目が出やすくなっています。

ここがポイント!

この場合は櫛や手櫛で分け目をジグザグにしてあげる事で薄毛が目立ちにくくなるのでオススメです。

頭頂部のボリュームがない

先ほど40代を過ぎた頃からハリやコシがなくなってくる事があると言いましたが、それにより毛髪の根元がペシャンコになってしまいがちなり、頭頂部はそれが目立ちやすくなってしまうのです。

ここがポイント!

そこで役にたつのがドライヤーで根元からのブローやカーラーで髪のボリュームを出させる事が効果的なのです。

育毛剤でハリ・コシのある毛髪を作る事も出来る

育毛剤には、発毛に必要な栄養分を頭皮に送ってくれたり、血行を促してくれる効果があります。

これにより、ハリやコシのある丈夫な髪ができ、抜けにくくなる頭皮をつくることができます。

他にも育毛剤には、フケや痒みを予防してくれる効果も期待ができるのです。

育毛剤のランキングは下記にてご紹介していますので、宜しければ参考にしてみてはいかがでしょうか?

2019年版 専門家が選ぶ 女性用育毛剤おすすめランキング TOP10
専門家が選ぶ!女性向け育毛剤おすすめランキング トップ10
最近では生活習慣の乱れや加齢、ホルモンバランスの崩れなどが原因で、女性の抜け毛や薄毛の悩みが増えています。しかし、対策として男性用の育毛剤を使用しても効果的ではありません。 あくまでも女性に合った栄養 ...

まとめ

いかがでしょうか。

今回は女性の薄毛の隠し方についてご紹介してきました。

昔から「髪は女の命」とも言われています。髪が薄くなってくると、女性としての魅力が失われてしまった様な気がして落ち込んでしまう事もあります。

女性にとって髪は大切なものであり、薄くなった髪を隠せる方法やアイテムはとても大切なものなので、上手につかっていきましょう。

おすすめの記事

1
「最近なんだか、髪の毛が薄くなってきた気がする」 「職場でまわりからの視線が頭に集中しているようで、気になる」 「家系的に将来ハゲてしまいそうだから、今から手を打っておきたい」 薄毛が原因のお悩みをお ...
2019年版 専門家が選ぶ 女性用育毛剤おすすめランキング TOP10 2
最近では生活習慣の乱れや加齢、ホルモンバランスの崩れなどが原因で、女性の抜け毛や薄毛の悩みが増えています。しかし、対策として男性用の育毛剤を使用しても効果的ではありません。 あくまでも女性に合った栄養 ...
成分配合イメージ 3
育毛剤には、非常にたくさんの種類の成分が配合されています。公式サイトなどを見ると、「50種類配合!」などという言葉も頻繁に見受けられます。これだけ沢山の成分が配合されていると、逆にどの成分を重視してい ...

-育毛対策・薄毛対策

Copyright© 天の髪様の言うとおり , 2019 All Rights Reserved.